2019年10月28日

治水ってすごい

100年に1度とか、地球史上最大の、とか言われる台風がやってきました。
我が家も東京下町の海抜ゼロメートル地域にあるので、
今回ばかりは浸水を覚悟し、避難準備もしました
朝からずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
スマホで雨雲レーダーと近辺河川の水位と台風の進路を凝視していたので、
近視が進んでしまったような気がします。
1階にあるテレビも二階に上げたりしたので、腰もやられました。
次回こういう状況になったらテレビはあきらめよう・・・と旦那と話しています。

結果的には、河川も決壊や越水することなく、暴風による被害もなかったのですが、
各地の被害状況や範囲の広さを見ると、やはり100年に1度クラスの巨大台風だったんだと
実感しました。
同時に、調整池や水門、ダム、首都圏外郭放水路などを駆使して、国土交通省の職員の方が
絶妙な判断で河川の水位調整をされていることもよく理解しました。

雨雲レーダーの合間にあちこちのサイトを読み漁り、私が荒川だと思っていたものは、
明治時代に作られた放水路であったとか、首都圏外郭放水路は100年に1回の本業の他は、
ツアー観光客を受け入れたり、仮面ライダーや戦隊物の特撮のご用達だったり、
意外と日々忙しいことが分かり、なんだかじんわりと治水女子への道に進んでしまいそうな
そんな気持ちになりました。


  避難用に大量につくったおにぎりを食べすぎて非常時なのに満腹で動けなかったYh
posted by staff at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

青森県へ記念旅行へ!

1週間前に気仙沼へ行ってまいりましたが、次の週に同じ東北地方へ大学時代の友人たちと毎年恒例の旅行へ🚄
青森県は奥入瀬渓流にて連泊、いつもより1泊多い旅はやはり疲れなくて、心地よかった旅でした

 → 今年は水が少なかった奥入瀬渓流        奥入瀬渓流A.jpg

 → 十和田湖遊覧(水の透明度日本第5位)     十和田湖遊覧.jpg

奥入瀬渓流周辺での散策が主にでしたが、ゆっくり、まったりしたい友人たちの希望を聞いて、コアな部分をタクシーで移動!
地元でも有名な八甲田ホテルでのランチは、ラストオーダー時間に到着が間に合わず、近くの酸ヶ湯温泉で、天然水でのそばを頂きました

 → 冬は日本一の雪深さを記録する酸ヶ湯温泉    酸ヶ湯温泉.jpg

十和田湖近くで購入した日本初の青いビールは、下戸の私でもすんなり飲めました!
ビール党の人には物足りないかもですが、なかなか美味でしたね

                          青いビール.jpg

地方へはほぼ仕事出張が多いので、こんなにゆっくりとできる旅はやはり良いですね!
学生時代友人たちとは、もうかれこれ15年以上旅する仲間です
持つべきものは、仲間、友人であり、人生を豊かに楽しくするにも、やはり大切なことであると実感した日々でした
あっ!上げ膳据え膳でしたので、体重はもちろん右肩上がりでしたが。。。。
もう体形はもとになかなか戻せない年代でもあるので、肥ゆる秋へと益々邁進です

                    実は還暦祝い旅行だった  H 

posted by staff at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

被災地を訪ねてきました

10月に入ったというのに30度超えの暑い日が続きますね
先週末から仙台(私用)〜気仙沼(仕事)と行ってきましたが、
東北ですしさすがに寒いだろうと長袖の服を持参したものの、暑いわ
日差しは強いわでずっと半袖で過ごしてしましました。

今回は母の兄が7月に亡くなったのでお墓参りを兼ねて、東日本大震災の
被災地でもある母の実家周辺を訪ねました。といっても、すでに町全体が
全てが無くなっており、かつて住居があったとは思えない風景でした。
子供の頃、毎年夏休みにはおじいちゃんちに長く遊びに行ってたので、
記憶の中の田舎の風景が変わるというより、無くなるという。。。
母の母校でもある、あの大川小学校はそんな中、小学校の建物が変形しながらも
保存するようでそのままの状況でしたが、何ともいえない気持ちになりました。
大川小学校のすぐそばにあった先祖代々のお墓もあちこち傷がついており
津波の壮絶さを改めて実感しました。本当に何十年ぶりのお墓参りでしたが、
そこには町全体の慰霊碑ができており、相当な数の名前が刻まれていました。
新たな場所に建てた母の実家では、震災時の話を沢山聞きました。
山の上まで逃げて3日間、火を焚いてしのいだこと、食べ物がなかなか手に入らなかったこと、
そしてその町の中で、家族が全員無事だったのは、叔父叔母の一家だけだったとのこと。。。

その後、叔母が住んでいた、山に漁船が乗りあがってしまったあの雄勝町。
こちらも町全体がなくなっており、かつては海の風景がキレイだったのですが、
危険地域に指定され住宅を建てることはNGとなり、これまた海すら見えなく
高くそびえたつコンクリの壁しか見えなかったこと。

Hさんと気仙沼向かう道中、海岸線をドライブしようと、仙台から気仙沼まで
走行しましたが、景色を楽しむどころか、リアス式海岸はコンクリの壁だらけになって
いて、あちこちに津波到達地点の看板。壮絶でした。でも8年以上経過した今は
まだ整備もされているので、それまでの被災地のご苦労は思い知れません。
ただ、会う方、お話する方皆さん、東北の方々は暖かく親切でした。

顧問先のカネダイ様も震災で会社が流されてしまいましたが、かなりの高さまで
かさ上げした土地に新社屋を建てられて、ようやく訪問できてよかったです!

この間、ほや、さんま、うに、ほたて・・・と沢山おいしいお魚をいただきました。
そして、春に開通したばかりの橋を渡り、気仙沼大島まで行き、きれいな海を
眺めれたことは大満足。おいしかったなあ。。。
今回は考えさせられる旅でしたが、きちんと自分の心の中におさめておこうと思います。

                    スタッフR




posted by staff at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする