2019年08月08日

思い出

今日は立秋。暦の上では秋ですが、この暑さ半端ないですね。
今年は梅雨が長かった分、暑さが身体にこたえます。
夏になると旅行したくなったものですが、ここ数年はじっと室内で!と
思ってしまいます。

さてさてちょっと古い話ですが、6月に学生時代にマクドナルドでアルバイトを
していたのですが(今から〇十年前)、その当時から面倒をみていたくださっていた
当時30代後半だった主婦のKさんの古希のお祝い会をサプライズで行いました。
皆、久しぶりのお祝イベント(皆の結婚式では張り切って色々活動しました)で、
オリジナルグッズ(ワインラベル、かっぱえびせん、フリスク(すべて写真や
コメント入り))や手書きの祝辞、手作り色紙(飛び出すポテト付き)、
花束贈呈、にわか応援団、そして大阪在住で当日これなかったメンバーからの
祝電までが届いて本当に豪華な会となりました。
既に中年になってしまったおじちゃん(GGY)とおばちゃん(BBA)が
それぞれの特技を発揮し準備にいそしみ当日は泣き笑い。
古希のKさんからの挨拶では「生きててよかった」と涙ながらに
「皆が何か困ったことがあったら、必ず相談して!助けるから!」と
言っていただきました。以前と変わらず温かいお気持ちに有難さと心強さで
いっぱいになりました。

そしてびっくりしたことに、前回会った後、69歳にしてマクドナルドのパートに
復帰したことをきいて声をそろえて「えーーーーーー」という反応。
驚きました。前回会ったときに当時のマクドナルドの社員(今はマクドナルドの統括SV)も来ていたのですが、
その後パートに復帰してと何度も懇願された末、働くことになってしまったそうです。(SVの執念です)
久しぶりのマクドナルド勤務は、以前にも増してスピード化とより進化したPOS、
若い子に交じって、新しい仕事を覚える困難さにあっという間に6キロも体重が落ちて
しまったそうです。どうりで、古希にして美魔女と呼ばれるくらいより美貌化していました。
そして、Kさんならではの目線で、「もしシニア層を活用するのであれば、シニア層に特化
した教育をしていかないと誰も続かない。企業側も工夫をしないと」という素晴らしいアイデアも。
これからは、マクドナルドシニア層の広告塔として是非とも活躍してもらいたいと思います。

私たちの次のイベントは、再びマクドナルドのパートになったKさんの現場を見に行かなきゃと
もくろんでおります。 それにしても、準備から当日まで本当に楽しいイベントとなりました。
長年付き合ってくれているメンバーに感謝です!

                        スマイルが一番のスタッフR

posted by staff at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。