2019年10月28日

治水ってすごい

100年に1度とか、地球史上最大の、とか言われる台風がやってきました。
我が家も東京下町の海抜ゼロメートル地域にあるので、
今回ばかりは浸水を覚悟し、避難準備もしました
朝からずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
スマホで雨雲レーダーと近辺河川の水位と台風の進路を凝視していたので、
近視が進んでしまったような気がします。
1階にあるテレビも二階に上げたりしたので、腰もやられました。
次回こういう状況になったらテレビはあきらめよう・・・と旦那と話しています。

結果的には、河川も決壊や越水することなく、暴風による被害もなかったのですが、
各地の被害状況や範囲の広さを見ると、やはり100年に1度クラスの巨大台風だったんだと
実感しました。
同時に、調整池や水門、ダム、首都圏外郭放水路などを駆使して、国土交通省の職員の方が
絶妙な判断で河川の水位調整をされていることもよく理解しました。

雨雲レーダーの合間にあちこちのサイトを読み漁り、私が荒川だと思っていたものは、
明治時代に作られた放水路であったとか、首都圏外郭放水路は100年に1回の本業の他は、
ツアー観光客を受け入れたり、仮面ライダーや戦隊物の特撮のご用達だったり、
意外と日々忙しいことが分かり、なんだかじんわりと治水女子への道に進んでしまいそうな
そんな気持ちになりました。


  避難用に大量につくったおにぎりを食べすぎて非常時なのに満腹で動けなかったYh
posted by staff at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。